山と滝とくだもののまち


周遊コース グルメ宿泊 都農の四季イベントスケジュールブログアクセス問合せ

<創建の由来>
創建されたのは御即位6年前の神武天皇(じんむてんのう)が宮崎の宮を発し東遷の折、此の地に立ち寄り、国土平安、海上平穏、武運長久を祈念し御祭神を鎮祭された事と伝えられる。
旧記によれば、日向国の第一の大社であったが、天正年間の島津・大友の争乱の際、大友氏の兵火により社殿・宝物・古文書等全てを焼失したものの、御神体は尾鈴山麓の神社に避難され難を逃れた。
争乱後は長年社殿の再興も無く小さな祠があるのみであった。
元禄5年に秋月藩主 秋月種政(あきづき たねまさ)が再興し、安政6年には篤志家(とくしか)の社殿の寄進があった。
その後、社殿の老朽化に伴い平成14年に「御造営奉賛会」が設立され、平成19年7月7日に現在の社殿が竣成されたのである。


宮崎県児湯郡都農町川北13294番地 TEL/0983-25-3256 FAX/0983-25-0617
公式フェイスブック https://www.facebook.com/日向国一之宮-都農神社-194550357368711/



大きな地図で見る

▶都農町観光ガイドブック

▶尾鈴山瀑布群登山マップ

▶都農神社

▶ワイナリー

▶おりがみ陶芸体験

▶過去のチラシ

ホーム | 都農周遊コース | グルメ&宿泊 | 都農の四季 | イベント情報 | 日々の都農 | アクセス | リンク| お問い合わせ | サイトマップ


〒889-1201宮崎県児湯郡都農町大字川北4874-2
TEL:0983-25-5712 FAX.0983-35-3119

copy light 2014 tsuno town seeing guide All Right Reserbed.